クロール漏れを防ぐサイトマップ

SEO対策をしても何もしないままですとGoogleの検索ロボットに自分のサイトを早期に見つけてもらうことは困難です。仮に偶然検索ロボットが見つけてくれでも、 1回だけではサイト のすべてのページが Google のリストに登録されるとは限りませんし、時間もかかります。さらにサイトに新しいページが加わったり、リンクが変更されると、いよいよ検索ロボットは混乱します。これが「クロール漏れ」と呼ばれる「見逃し」です。 こうした状況を回避するためにはGooglesearch consoleを使ってsitemap (サイトマップ) を作成し、登録する必要があります。
サイトマップとは、簡単に言えばサイト内にどのようなページがあるかを表したもの。いわばサイトの構造や内容、更新状況を記した「間取り図」のようなものです。ただし、一般に使われているサイトマップとは意味合いが異なります。いわゆるサイトマップは、サイトを訪れた「人」がサイト内を巡回しやすくするためのもの(対人間)であるのに対し、ここでいう「サイトマップ」は検索ロボットが理解しやすくするためのもの(対プログラム)だということです。したがって、この「サイトマップ」は、検索ロボットが理解できる言語で記述する必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です