量より質の外部対策

最近では、コンテンツ(内部対策)さえ良ければ上位表示できるという見解を述べる方もいますが、実際には厳 しいというのが現状です。
また 、少ない被 リンクであっても 、信頼できる リンクで周辺を固めれば、検索順位を上げていくとは十分可能なのです。
Googleの発言を振り返ると 、これまで内部重要視を示唆する発言が多くありました。そして、それがクローズアップされたことで、内部重視ということが世間的にも多く取りざたされた経緯は確かにあり ます。
しかし、今一度考えてみると、外部対策を全く評価しないという発言は未だ出ていないのです。どちらかというと、奥歯に物が挟まったように暖昧な言い方のみで限定されており、はっきりとした方向性を指し示すこと
すらしなかったのです。
裏を返すと 、Googleの技術力がまだまだ進化の途中であり、きちんとWebサイトのみで判断することは、現状難しいことを蕗呈しているということなのではないでしょうか。自信があるならば、外部の評価など必要とはしないはずなのです。
比較的新しいアップデートとして、ハミングバードアップデートがありま す。ですが、「会話型」としてその検索意図を汲み取った表示結果を得られることは、大きく技術革新が進んだと診てよいのですが、その精度において、まだまだこれからの段階でのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です