CTR(クリックスルー率)の重要性

 広告以外の部分である自然検索結果で1位を取ったとしても、全員がクリックするわけではないのです。例えば「バスケットボール ゴール」の場合、目的がゴールシーンの動画なら、検索結果をスクロールしてYoutubeの動画をクリックするでしょう。目的が「バスケットボールのゴールを手作りしたい」であれば、期待した検索結果がなく、「バスケットボール ゴール 手作り」等のキーワードで検索しなおす必要があるかもしれませんね。
自然検索結果にはCTR(クリックスル―率)というものがあります。検索結果に表示回数中、どれくらいの確率でクリックされているのかを表す数値です。自然検索結果で1位に表示された場合、平均のCTRは21%、10位の場合は1%台と、あくまで平均ですが言われています。
例えば「今季ドラマ一覧」というワードでサイトを探しているなら、1位の今期のドラマ一覧のサイトをほぼ全員がクリックする、という具合になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です