SEOの評価の外部要素について

SEOの評価というのは、大きく分けて、内部評価と外部評価の2つです。従来は、外物リンクが評価要素として締める割合が高いといわれていました。しかし、自然言語処理アルゴリズムが発達して、内部コンテンツの評価精度が上がってきたということで、被リンクの効果は小さくなってきたともいわれています。ただし、これは過去との比較で、小さくなっているだけです。被リンクは依然として重要な評価項目であるといっていいでしょう。上位表示を狙うなら、被リンクがないと難しいといわれています。外部要素の本質というのは、グーグルの誕生秘話にあるといいます。グーグル創始者の二人が感じていた検索エンジンの問題点は、低品質な検索結果だったそうです。以前はウェブ上の情報を網羅することが人々の検索行動を容易にすると考えられていました。検索結果が1つのキーワードにページ数の最大化を目指していたということです。しかし、ウェブページは急激に増加。大量の情報が、検索結果として表示されるということは、逆に不必要な情報に必要な情報が生まれてしまうという状況になるということです。グーグル創始者の二人はこれを問題視しました。そして他のページからの引用情報を元にページを評価するという2つの方法を考案したそうです。外部要素というのは、ページ価値とページ内容の判断材料になる他のページからの引用情報を指します。ページ価値というのは、Page Quality評価に反映されます。ページ内容というのは、NeedMet評価の精度向上に繋がります。外部要素というのは、この2つの目的を達成するための評価要素であるということです。これを前提にして、SEOを考えていきましょう。