外部からのリンクを増やす

Google のアルゴリズムは、引用される回数の多い論文ほど高い評価を受けるという「論文評価のしくみ」を応用したところから出発しています。引用を「リンクに置き換えて、ほかのWeb サイトからたくさんリンクを集めているサイトやぺージほど、評価を高くするようにしたのです。しかし、これだけでは不十分でした。アルゴリズムの裏をかいて、自作自演でリンクを量産する悪質なSEOスパマーが出現したのです。 その対策のために、 Google は単純にリンクの数を評価するのではなくリンク元のサイトや、リンクの張られ方もチェックして、不自然なリンクに対しては評価に加えなかったり、ペナルティを与えたりするようになりました。このGoogle による対策をペンギンアップデートといいます。 ペンギンアップデート以降、自作自演で、リンクを増やす行為は、リターンよりもリスクの方が大きいと考える人が増えました。その時期、 Googleもさかんにコンテンツ重視の方針をアナウンスしていたため、 外部リンク主体の SEO は終わったと唱える風潮が高まっています。