「いつでも」「どこでも」知りたい情報を得ることのできるスマートフォンは、 PC の代用品であるというような考えられておりましたが、現在におきましては、時代の流れとともに、もはや人間の器官や機能の一部であるかのように存在価値を占めているのかもしれません。Webサイト製作や運営者らにとっては、何よりもスマートフォンを意識したサイト運営が求められるような時代でもあるのです。モバイルユーザーの存在を意識した Web サイト構築とは、すべてのデジタルソースが、まさにモバイルありきに製作されていくべきであることを指し示しているようにも見えますが、実際には一部のユーザーたちの行動パターンなどを追っていきますと、購入を検討している商品情報などは、スマートフォンなどのモバイルデバイスを利用するなかで、出来る限りの情報を収集し、商品を購入する段階にいたっては自宅で時間をしっかりと取った上で、パソコンなどを利用してコンバージョンに至るケースなどが報告されているようです。SEOは時代とともに移り変わるネットユーザーたちの行動パターンを深く理解することが重要であるともされておりますが、時代の変革のなかには大きな流れとともに小さな勢力も存在することを見失わないWebサイト運営者であることが大切です。

・ユーザーが多い。

まだまだ日本ではmovable typeの知名度が勝っていますが、海外ではwordpressのシェアが高くなっています。このため、日本語でのノウハウの共有こそまだまだmovable typeにはかないませんが、世界規模で蓄積されたノウハウは膨大な量です。ほとんどが英語で書かれたものですが、そこにハードルを感じなければ是非チェレンジしてみてください。

また、wordpress関連の書籍も日本国内で頻繁に出版されるようになってきますので、導入のハードルは低くなっています。

・デザイン変更が簡単

movable typeはstylecatcherでデザインを変更することができますが、wordpressもthameの変更が簡単にできます。CSSのみが提供され雨rstylecatcherと異なり、テンプレートもうくんでhtml部分も丸ごと変更されます。

ワンクリックでサイトのデザインを変更を簡単い変えられるため利便性は非常に高いのですが、テーマによってはタグに余計な情報が含まれていたり、おかしな記述がされているケースもありますので、導入後の確認と修正は必須です。特に海外で制作された テーマだと、手直しは避けられないと考えておきましょう。

いつの時代から、商人と呼ばれる商いを家業とする人々が世に生まれ、最近では商売に関わる全ての人々が、何らかの形でマーケティングなどといった、顧客の心理などを読み解くような、顧客ファーストを考えるような時代になってきたようです。実際、皆さんは、実生活の中で、マーケティングを実感されたことがありますでしょうか?マーケティングなどと呼ばれるような顧客ファーストが、世の中で動き始めたのは、世界第二次対戦の後頃などとも言われているようです。日本の経済状況も、そうであったように戦争の最中人々が、飢えや貧困に苦しむ中終戦とともに、その復興が始まり、現在に至る中で、物が溢れかえるような時代へと変貌しつつあります。そんな中で、人々が、様々なツールを利用し、自分たちが購入する商品や製品を選べるような時代になってきました。そんな中、様々な企業などの売り手側としては、どのようにしたら、お客様達から、選ばれる商品になるのかといったことを、突き詰めてきたものが、マーケティング学であるなどとも考えられているようです。実際には、社会の中での人々の暮らしが、生み出したのがマーケティングであるなどと言われています。インターネットなどが、便利なツールとして、世界中の人々に使用されるようになってからは、マーケティングは様々な場面で、活用されるようになり、最近では SEO などといった形で、 Google の検索エンジンから、人々が商品を購入する際などにも、マーケティング調査などが徹底的に行われているようです。

Google のアルゴリズムは、引用される回数の多い論文ほど高い評価を受けるという「論文評価のしくみ」を応用したところから出発しています。引用を「リンクに置き換えて、ほかのWeb サイトからたくさんリンクを集めているサイトやぺージほど、評価を高くするようにしたのです。しかし、これだけでは不十分でした。アルゴリズムの裏をかいて、自作自演でリンクを量産する悪質なSEOスパマーが出現したのです。 その対策のために、 Google は単純にリンクの数を評価するのではなくリンク元のサイトや、リンクの張られ方もチェックして、不自然なリンクに対しては評価に加えなかったり、ペナルティを与えたりするようになりました。このGoogle による対策をペンギンアップデートといいます。 ペンギンアップデート以降、自作自演で、リンクを増やす行為は、リターンよりもリスクの方が大きいと考える人が増えました。その時期、 Googleもさかんにコンテンツ重視の方針をアナウンスしていたため、 外部リンク主体の SEO は終わったと唱える風潮が高まっています。

“インターネットの世界ではページをクリックする確率と、ページに飛び込んでから商品を購入する確率が、だいたい1ヶ月の検索回数の 10%ぐらいの人が上位表示のホ ームページをクリックすると言われており、さらにその中の1%の人が商品やサービスを購入すると言われているのだ。 だから、たとえ1ヶ月間の検索回数が1000件あったとしても、そのうちの10%である 100 人しかホームページに来てはくれないし、さらにそのうちの 1人しか商品やサービスを買ってはくれない。 もちろん、確率論なので全てがそうだとは言わないが、最低でも1ヶ月に 1000 件ぐらいの検索回数がなければ、手間と時間をかけて、わざわざSEOをする価値はないキーワードと言えるのだ。

検索結果の順位を決定づける要素にリンク数がある。この数が多ければ多いほど、検索順位には有利に働く仕組みになっているが、そのリンクにも外部と内 部が存在している。 まずは自分で簡単にできる内部リンクの調整について、詳しく見ていきたいと思います。 SEOの検索順位を決定する リンク数はもちろん、その被リンクが、どのようなホームページから張られているかというのも重要ではあるが、それ以上に、「リンク」というのが、いかに検索エンジン側にとって、ホームページの質を判断するための、大切な指標になっているということは理解してもらいたいところである。”

新規事業を始めるに当たり、頭を悩ませるのが集客方法です。どれほど自社の商品、サービスに自信を持っていたとしても、潜在的な顧客が関心を向けてくれなければ意味がありません。昔であれば専ら広告代理店に依頼したものですが、現在はインターネットというツールが存在しているのですから、これを利用しない手はありません。しかし何から手を付けてよいのか分からないと戸惑っている担当者も少なくないはずです。筆者に言わせれば、やるべきことははっきりしています。それは、集客力の高いウェブサイトを作成することです。それが最も有効で確実な集客方法です。では具体的にどういった手順でウェブサイトを作成すればよいのでしょうか。特に商用サイトの場合、アウトソーシングすべきかどうかも分かれ目になりそうです。ここでは集客担当として立ち尽くしている皆さんを少しでも助けるべく、ユーザーの目に留まるウェブサイトの作成方法を伝授したいと思います。今流行しているSEO技術も含めて教えられれば幸いです。さて、ウェブサイトの専門家として多くの顧客を見てきた経験から申し上げますと、中小企業こそ、自社のウェブサイトで集客する努力を惜しむべきではありません。数十人しか社員のいない企業では、経営者は1人で、数客担当者も1人というケースも少なくないのでしょうが、そうであるならば、我々のようなプロに依頼してすぐにでもウェブサイトの構築を始めるべきです。ウェブサイトは上手く作成すれば必ず売上げアップに貢献しますが、残念ながら即効性は高くありません。ですから始めるのは早い方がよいのです。早く始めて少しずつ対策を積み上げていけば、何時かはその結果に満足します。騙されたと思って筆者のアドバイスに従ってみて下さい。

ホームページ作成が完了し、サイトを公開した後は、いよいよ運営へとシフトチェンジが必要となって来るでしょう。サイト運営というのは、ウェブ上でのサイト評価や、コンテンツを定期的に更新すること、必要と感じるのであれば、デザインをリニューアルしていくといったメンテナンス作業も含まれていると言えるでしょう。こういった調整や修正をしながら、しっかりと閲覧者とコミュニケーションを取って行けることが望ましいと言えるでしょう。現存するほとんどのサイト構造は「ハイパーテキスト型」と「ツリー構造型」という2種の型を組み合わせたものと言われています。そのため、予めサイト全体の構造設計を組んでおき、各ページの内容、メニューの順番や組み方、ページとページの関係、リンク設定、ナビゲーション設定などを明確にまとめ、各項目の表現方法までしっかりと考えておくと良いでしょう。この構造やデザイン設計といったものは、サイト公開後も、絵コンテやフローチャートなどで残しておくと良いでしょう。そうすることによって、公開後に不具合が見つかった場合など、修正の方向性が明確になると言えるからです。また、ウェブでは文章だけでなく、映像や音源といった色々な形式のファイルを取り扱うことが可能であり、これは書き換え可能という点も特徴と言えるでしょう。さらに、ハイパーリンクによってたくさんのコンテンツへと繋がれるという点も大きな特徴と言えるでしょう。本や新聞、雑誌といった紙媒体の文書というのは、言葉を基に、順番に情報を並べたものと言え、直線的に連なっていく表現と言えますが、ハイパーテキストというのは、ハイパーリンクによって自由に興味のある情報へと飛んでいける表現と言えるでしょう。紙媒体では不可能な表現の可能性を、的確な修正によって運営で演出していけるのもサイト運営の醍醐味と言えるのではないでしょうか。

facebookといったソーシャルメディアを使用し、簡単にホームページ作成をしたら、どんどんと記事を投稿していくべきと言えるでしょう。これまでの繋がりなどから最初は友人がお店のページを閲覧してくれると言った形が個人経営の場合はほとんどなのではないでしょうか。このような時には、より多くの人にページを知ってもらうために、面白い投稿やイベントなどを企画し、注目を集めていくことが重要になると言えるでしょう。例えばそう言った投稿を友人がシェアしてくれた場合、友人のニュースフィードにも投稿が表示されることになり、自身の繋がりのない人たちにページを知ってもらえるチャンスが広がると言えるでしょう。投稿の形には様々な方法がありますが、イレギュラーな方法としてアルバムを丸々投稿すると言ったものがあるでしょう。この投稿がシェアされた場合には、投稿がシェアされたのではなく「アルバム」がシェアされたということになり、カバー設定の写真だけがニュースフィードに表示されることになるようですが、この場合、オリジナルのページ投稿や、自分の友人同士によってシェアされたとしても、まとめられて表示されることがないため、それぞれ別の記事としてニュースフィードに表示されることになるようです。また、たまには雰囲気を伝えるための動画投稿というのも良いでしょう。こういった投稿がシェアされた時には、動画のデータとタイトル、説明文といった部分が一緒にシェアされ、写真の場合に近いと言えるでしょう。しかし、YouTubeなど、facebook以外にアップロードされた動画データを使用して投稿している場合は、リンクを貼って投稿したときと同じ扱いになり、リンクだけがシェアされるという残念な結果になってしまうでしょう。

ホームページを作るときには、なるべく多くの人に見てもらいたいと思います。SEO対策で検索順位を上げる、広告を出すなどさまざまな方法はありますが、結局はクリック(タップ)をしてアクセスしてもらえなければ意味がありません。ホームページのタイトルは、なるべくキーワードが入っているなどのポイントが大切になりますが、画像としてのバナーを出すときにはどうなるのでしょうか。例えば「引っ越しを安く済ませられる◯◯株式会社、3つのこだわりポイント」というと検索で引っかかってきた場合、ホームページタイトルとしては興味を惹けるかもしれませんが、広告バナーなどで見たときにはわざわざアクセスしてみようとは考えにくいでしょう。これはそもそも「タイトル」が必要なのか、「キャッチコピー」が必要なのかで、役割が違っているのです。キャッチコピーを作るときに最も簡単な方法は、情報を簡略化する方法です。「引っ越しを~ポイント」という長いタイトルを「引っ越しを、この値段で」といったレベルにまで短くしてしまいます。するとキャッチコピーとして目を惹く形になりますし、この値段とはどんな値段だろうと興味を持ってもらいやすくなります。もちろん短くしただけではクオリティが高いとは言えませんし、逆に長くするという手法もあります。どんなキャッチコピーをつければ注目してもらえるのかを考えてみましょう。キャッチコピーを考えるときには、とにかく多数のアイデアを出すことが基本です。コピー100本ノックという言葉もありますが、ひとつのお題に対して100本のアイデアを出していくのは非常に有効です。数を出すことでさまざまな視点で見ることができますので、労力はかかりますが挑戦してみましょう。

SEOの評価というのは、大きく分けて、内部評価と外部評価の2つです。従来は、外物リンクが評価要素として締める割合が高いといわれていました。しかし、自然言語処理アルゴリズムが発達して、内部コンテンツの評価精度が上がってきたということで、被リンクの効果は小さくなってきたともいわれています。ただし、これは過去との比較で、小さくなっているだけです。被リンクは依然として重要な評価項目であるといっていいでしょう。上位表示を狙うなら、被リンクがないと難しいといわれています。外部要素の本質というのは、グーグルの誕生秘話にあるといいます。グーグル創始者の二人が感じていた検索エンジンの問題点は、低品質な検索結果だったそうです。以前はウェブ上の情報を網羅することが人々の検索行動を容易にすると考えられていました。検索結果が1つのキーワードにページ数の最大化を目指していたということです。しかし、ウェブページは急激に増加。大量の情報が、検索結果として表示されるということは、逆に不必要な情報に必要な情報が生まれてしまうという状況になるということです。グーグル創始者の二人はこれを問題視しました。そして他のページからの引用情報を元にページを評価するという2つの方法を考案したそうです。外部要素というのは、ページ価値とページ内容の判断材料になる他のページからの引用情報を指します。ページ価値というのは、Page Quality評価に反映されます。ページ内容というのは、NeedMet評価の精度向上に繋がります。外部要素というのは、この2つの目的を達成するための評価要素であるということです。これを前提にして、SEOを考えていきましょう。