クローキングというスパム行為は、周到な準備として、まず二つのwebサイトを用意します。一つ目は、来訪者に見てもらうためのwebサイト、二つ目は検索サイトのロボット(クローラー)を騙すためのwebサイトです。検索サイトのクローラーも、来訪者が使っているInternet ExplorerやFirefoxなど各種ブラウザも、User-Agent(ブラウザ名)やリファラ(直前に閲覧していたページ)、IPアドレスなどを送信しています。こういった情報を利用して検索サイトのクローラーか来訪者かを判別し、サーバが接続するwebサイトを自動的に振り分けるのです。来訪者に見てもらうためのwebサイトは、Flashや画像をふんだんに用いて、SEO効果を上げるよりも、問い合わせや注文が増えるようなwebサイトにしておきます。対して、検索サイトのクローラーを騙すためだけのwebサイトは、テキスト中心でキーワードもたくさん挿入し、クローラーだけに見てもらえばよいといったつくりをしたwebサイトを読み込ませて、検索順位を高くするといった狙いがあります。けんっさくサイト側もクローキングは特に悪質と考えているので、こういった手段を使ったwebサイトに対しては検索結果の順位を大幅にダウンさせたり、ドメインごとインデックスから削除するなどきびしいペナルティを与えています。

 

SEOには、 内的 SEOと外的 SEOの 2種類があります。内的 SEOは、サイトの多彩なコンテンツや情報の充実など、サイトの内 部に関する SEOのことです。検索エンジンの情報収集ロボッ卜であ るクローラが、サイトの情報をスムーズに取得できるようにします。 外的 SEOは、被リンクの数や似たジャンルのリンクを集めることが メインで、サイトの外部に関する SEOのことです。被リンクの量と 質が、 検 索 エ ン ジ ン の 上 位 表 示 に も っ と も 効 果 が 高 い と 考 え ら れ て い ます 。

例 え ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の こ と を 扱う サイトの場合、同じインターネットの ことを扱うサイトはもちろん、 コン ビュータやソフ卜ウェア、ホームペー ジなどに関する情報を扱うサイトを 集めます。

まずはサイトの内部をきちんとまとめてみましょう 。

そのサイトがどんな情報を取り扱っているのか、ユーザーがひと目でわかるように、 サイトのタイトルやサイトの説明文 、各記事のタイトルなどにも気を 配ります。また、 Googleウェブマスター ツールに登録したり、 ど のような構成のサイトが検索エンジンにとって魅力的に映るか 、確認しておくことも重要です 。

モバイルデバイスの勢いは止まらない。 スマートフォンの長所は、 「いつでも」「どこでも 」というキャッチコ ピーがとてもよく似合うような、 手軽さ・ 気軽さです。街中では、中高校生など 10 代においても、 当たり前のように利用しています。さらにシ ルバ一世代においても、スマートフォン操作の講座が多く開かれるなど、もはや PC の代用とはいえないような広がりを見せています。 これまでの増加数を鑑みると、とても一過性のもの(ブーム)とは言 えないものであり、今後モバイルがインターネット閲覧ツールの市場を独占しそうな勢いです。皆さんの周囲の人、あるいは自身も、外出時はバッグの中やポケットなどのすぐ取り出せる場所に、家の中ではすぐに 目につく場所に置くなど、身につけている衣服の一部のように、 1日中 肌身離さず手元に置いている人が多いのではないでしょうか。また、移動中の電車やパスの中、ちょっとした時間の合間などにも、ネットを見る習慣が珍しいことではなくなりました。
このような時代の変遷により、需要が拡大しているからこそ、まずはモバイルサイトに留意したサイトを構築しなければいけません。繰り返 しますが、これがモバイルファーストの真意なのです。 なお、モバイルファーストで制作するうえで最も気をつけるべきことは、弱点をいかに打開するかということです。モバイルは、 PC と 比較すると、ファーストビューで得られる情報量や操作性が限られています 。つまり、いくつかの制限の下で、機能性を最大限に発揮しなけれ ば、いけなくなります。このようなことから、 PC サイトをもとにモバイル サイトを制作すると、理想的な終着点との距離が発生してしまうケース が、非常に多くなってしまうのです。

Baiduの検索連動型広告には、3つのキーワードタイプがあります。キーワードを「日本旅行jに設定したらどうなるか、それぞれ見てみましょう。

  1. 完全一致:設定したキーワードと完全に一致した場合のみ、広告が表示されます。
  2. フレーズマッチ:設定したキーワードが含まれる「フレーズ」で検索した場合に、広告が表示されます。
  3. 広域マッチ:設定したキーワードを基準に、関連するキーワードにも対応します。「日本旅行」に関連して、たとえば「東京」で検索した場合も広告が表示されます。

titleタグは、ホームページを有れ瓦しているHTML内において、もっとも重要な重みを付けるためのタグです。titleの付け方ひとつを習得するだけでも検索順位に大きく影響するため、細心の注意を払い、キーワードの修正を行っていきましょう。

titleタグはそのページの内容を端的にあらわすものとして、検索エンジンからは非常に重要なものとして認識されます。また、titleタグの内容は、画面上で次のように表示されます。

まずはtitleタグを付ける上で、の心がけで、すが、二兎追うものはー兎をも得ずということわざを胸に、取り組んで、いただきたいと考えています。

重要なtitleタグに、あれもこれもとキーワードを盛り込みすぎるのは禁物です。欲張らず、ターゲットキーワードを絞ることで、SEO効果が現れやすくなるのです。

それでは、具体的に例を出して解説していきます。まずは、「SEO対策福岡」というキーワードで上位表示を狙う場合、私はこんなふうにtitleを付ーけています。

<title> SEO対策福岡 I SEOならセブンアイズ</title>

この書き方は、ある法則に基づいて作成しています。

MovableTypeは、デザインテンプレートの種類が乏し く、見た目の変 化をつけにくいですが、セキュリティ攻撃を受けにくいというメリットがあ ります。また、データベースの事故が起きたとき、 MovableTypeの場合は静的 HTMLのため HTML は残ってくれます。リスク分散のためにも MovableType を取り入れておきましょう。  Movable Type でのサテライトサイト作成は、 ドメインの設定とサーバーの 設定はWordPress の設定と同じです。 アップロードの方法 にFFFTP などのツールを使っても問題ありません。SEO対策でサテライトサイトを作る場合は、このMovableTypeやワードプレスがいいでしょう。

サテライトサイトとは、被リンクサイトで企業ホームページの SEO を支え るサイトの ことです。なかなか上位表示されない場合の対策のひとつとして、 サテライトサイト作成があります。大手企業のホームページでは自然なリンクが集まっている場合が多いので、サテライトサイトが必要でないこともあ ります。しかし、小さな企業などでは、社内でサテライトサイトを作ること でSEO を強化できる場合もあります。現状のホームページを確認した上で、 必要に応じてサテライトサイトを作成していきます。

ソーシャルメディアの中でも、現在人気が高く、政治家・財界人・芸能人などの著名人もこぞ、って利用しているサービスがツイッター (Twitter) です。
もはや、説明の必要はないくらいに「ツイッター」というサービス名は知れ波っています。念のために、ツイッターの概要をおさらいしておくと、 140 文字という文字数制限の中で、自分の意見や思いついたことなどを気軽に投稿(つぶやく)できるサービスです。また、単純に「つぶやく」だけでなく、これらのつぶやきを見ている人(フォロワー)がいて、これらのつぶやきに対して反応(リツイート・メッセージ)したりされたりすることによってコミュニケーションが発生します。こうした短文による気軽なつぶやきと、井戸端会議のような気軽なコミュニケーションが、ツイッタ一人気を盛り上げています。多くのユーザーが参加し、巨大なコミュニケーションの場となっているため、ツイッターの口コミ効果を使った販売促進やプラン ニングなどのビジネスユースへの応用も多くのマーケッターによって提唱されています。

アドレスが重複しないページからの リンクを多く獲得する
他サイトからのリンク(外部リンク)がどれだけ多いか? 重複のない純然たる外部リンク数を力ウン卜するためIP アドレス単位での外部リンク数を評価する仕組みが採り入れられています。
そもそもIP アドレスとは何でしょうか。 IP アドレスとは、本来、 PCやサーバなどの通信機器ごとに割り振られた識別番号のことです。 210.188.201.135 のように、 12 桁の数字で構成されます。 一般的には、 WebサイトのIP アドレスがそれぞれ異なれば、サーバおよび運営者レベルで別々であると考えられます。 例えば、レンタルサーバを契約し、その 1契約に割り当てられるサーバのIP アドレ スは通常、 1つだけです。そのサーバ領域内に 10 個のドメインを割り当て、 10 のサ イトを立ち上げても、 IPアドレスは全て同ーとなります。 それら10 のサイトからリンクを獲得しても、 Yahool 、Google からみれば、 1 つの関連性のあるグループからのリンクにすぎず、実質的には 10 サイト分の外部リン ク効果は得られません。

サイトマップ作成に使うXMLとはなんでしょうか。SEO対策では、サイトマップがクローラビリティ的にも重要です。
その言語は、 XML(Xtensible Markup Language) という「マークアップ言語」で、「サイトマップ」の登録にはそれによって書かれた XML ファイルが必要になります。検索ロボットは、その言語で書かれたものでないと、ストレートに理解してくれません。「マークアップ言語」とは、ネット上にあふれる文書を関連づけて、コンビュータで、分析できるようにするために使われている言語で、いわばコンビュータ上の共通言語です。もっとも、初心者の方には「意味不明なアルファベットの羅列」にしか見えないでしょう。ともあれ、この形でサイトの情報を提供すれば、クロール漏れを防げるだけでなく、新規ページを作った際に「サイトマップ」に URL を追加するだけで、検索ロボットのクロール対象に加えてもらえるので、メンテナンスの手間も省けます。そして、検索結果ページに、自分のサイトのクロール状況や検索クエリ(語句)、ページ分析やリンクの数なども表示されるようになるというメリットもあるのです。