ここに来て見直されている、内部要因のメリットについて考えてみましょう 。
内部要因を高めるということは、他力本願ではなく自力本願で行く!ということです。
あくまで外部要因は上積み、つまりプラスアルファの部分と考えるのです。
内部要因が強いWebサイトの最大のメリッ卜は、踊らないこと。つまり、検索結果の順位変動に踊らされることが少ないのです。
順位変動に踊らされなければ、検索サイトのアルゴリズムの変化に追われることもなく、じっくりとWebサイトのコンテンツを熟成させることができます。
そして、ますます内部要因が強くなっていくのです。

内部要因の強いWebサイト → 検索結果の順位変動が小さい
内部要因の弱いWebサイト → 検索結果の順位変動が大きい

正攻法で勝つSEO対策とサイトの設計とは、スパム行為を行わず、被リンクなどの外部要因に依存しない自立したWebサイトを作るということです。

webサイト全体にかける SEOについて。
内部要因を高めるためには、ふたつの施策が必要です、
ひとつは「Webサイト全体にかけるSEO」 、そしてもうひとつが「ページごとにかけるSEO」です。
※内部施策には、Webサイト全体にかけるSEO対策とページごとにかけるSEO対策があります。

XMLサイトマップは、検索エンジンに対して、サイト内のすべてのページを通知するために設置します。 Webサイトを立ち上げたばかりのときは、Googleの口ポットがすぐに回ってきてくれるとは限りません。Googleのロボットは通常リンクをたどってWebサイトを巡回しますが、新規のWebサイトの場合どこからもリンクが張られていないケースが多く、初めての巡固までに時間がかかります。少しでも早くGoogleロボットに巡回してもらうために、新しいWebサイトができたことを通知する必要があるのです。XMLサイトマップをGoogleに送信することによって、 Googleのロボットの巡回を早める効果があります。

最近では、コンテンツ(内部対策)さえ良ければ上位表示できるという見解を述べる方もいますが、実際には厳 しいというのが現状です。
また 、少ない被 リンクであっても 、信頼できる リンクで周辺を固めれば、検索順位を上げていくとは十分可能なのです。
Googleの発言を振り返ると 、これまで内部重要視を示唆する発言が多くありました。そして、それがクローズアップされたことで、内部重視ということが世間的にも多く取りざたされた経緯は確かにあり ます。
しかし、今一度考えてみると、外部対策を全く評価しないという発言は未だ出ていないのです。どちらかというと、奥歯に物が挟まったように暖昧な言い方のみで限定されており、はっきりとした方向性を指し示すこと
すらしなかったのです。
裏を返すと 、Googleの技術力がまだまだ進化の途中であり、きちんとWebサイトのみで判断することは、現状難しいことを蕗呈しているということなのではないでしょうか。自信があるならば、外部の評価など必要とはしないはずなのです。
比較的新しいアップデートとして、ハミングバードアップデートがありま す。ですが、「会話型」としてその検索意図を汲み取った表示結果を得られることは、大きく技術革新が進んだと診てよいのですが、その精度において、まだまだこれからの段階でのようです。

自サイト内のすべてのホームページへリンクを張っているページを「サ イトマップJと呼ぴ、サイト内の案内板のような役目を果たします。 一般の利用者が道に迷った時のために用意される定番のホームページですが、SEOでは自分のサイト内のホームページをスパイダーに確実に読み 込んでもらうために必要です。 Google自身の解説ホームページでは「サイトの主要なページへのリンクを含んだサイトマップをユーザーに 提供します。サイトマップ内にリンクが 100以上ある場合は、サイト マップを複数のページに分けます。」とされています。自転車などの車輪の中心部をハブ (hub) と呼びます。ここから外部に 向けて伸びている導線がスポークになります。 自分のサイトにおいて、ロボットを案内するサイトマップのホームペー ジはこの中心部であるハブと同じ役目を果たします。ロポットを確実にサ イトマップに案内できれば、サイト内のすべてのページをスパイダーが読 み込んでくれる可能性が高まります。 ロポットをサイトマップへ確実に案内するためには、各ホ ームページのフッタにサイトマップへのリンクを設定しておくことが効果的です。ロボットはホームページのリンクを辿ってホームページを 読み込んで行くので、途中でリンク切れがあるとそこから先を読むことが できません。 サイトマップをハブとしておけば別の箇所でリンク切れとなっていた場 合でも救える可能性があります。しかし、自分のホームページを確実に読み込んでもらうためにはサイト内のすべてのホームページでリンク切れがないことを確認しておいた方がいいでしょう。

1日1回記事を書くとリピーターが付きやすく、アクセスアップしやすくなりますし、更新頻度が上がってロボットが来やすくなります。しかし、だからといって無理をして、辛くなってブログの運営をやめてしまうと意味がありません。そこで、 1週間に1回でも 1ヶ月に1回でもいいので、無理のないペースで記事を書くようにして、とにかく書き続けることを意識するようにしましょう。

自分が苦手なテーマで記事を書かない

「苦手なテーマを調べながら書く」というスタイルを取っていると、 長続きしないのではないでしょうか? I好きなものJであれば苦もなく書き続けることができます。できるだけ興味があるテーマを選ぶようにしましょう。

いい文章を書こうとしない

「いい文章を書かないといけない」と思えば思うほどストレスになって、いつか記事を書けなくなってしまいます。あまり意識せずに、ブログの記事は、読者と「話している」気分で気楽に書くと長続きするでしょう。

 

 

SEOを使っての集客において、効果的なキーワードを選び出す時に、まず調べたいのが「ライバルサイトの数」でしょう。

確認方法は非常に簡単。
実際に候補として考えているキーワードで検索をかけて、検索結果の個数を確認するというだけなのです。
一般的に、ライバルサイトの数が少ないキーワードの方が、より集客には効果的だといえるでしょう 。

 

例えば、「健康に興味がある方」を集めようと考えて、「健康」 というキーワードで上位表示を目指しても、おそらく人を集めるのは厳しくなります。なぜなら、「健康」というキーワードを使っているライバルサイトは既に数多く存在しているからです。ライバルサイトの数が多ければ多いほど上位に表示させるのは簡単ではないのです。

もちろん検索結果がすべてではありません。

ですが、ライバルサイトの数が少ないに越したことはないといえるでしょう。

まずは実際に上位表示したいキーワードで実験的に検索してみて、ライバルサイトの数を確認しておくというのが、今後の方針を決める上で役に立ってくることでしょう。

「文章を増やすことがSEOにいいといわれても、何を書いていいかわからない」
という人も多いのではないでしょうか。しかしよくよく考えてみるとサイト上に書
けるネタはたくさんあるものです。 運営者の言葉や体験談もその1つです。特に体験談は数を集めさえすれば、 それが自然と充実した関連文章を増やすことにつながるので、そういう意昧でも大きなメリットがあります。他lこも次のようなものがあります。

・お勧め商品やランキング
・商品の織かい特長や使用感などのオリジナル情報
・関連ニュースやお役立ち情報
・商品のウンチク

特にアンケー卜は簡単にできる方法があるので、ぜひ行うことをお勧めします。
ライブドアで自分のアカウン卜を取得さえすれば誰でもアンケー卜 を作成できます。答えてもらえる人数は内容によって大きな違いがありますが、大勢の興味のある内容だと数百名から数千名に答えてもらえる可能性があります。 この結果をサイトのコンテンツにすることもできるのはもちろん、自分の商売そ のものに役立てることもできます。また、その感想や意見を載せるとより充実したものになります。
ユーザーからコメン卜も入力してもらえるので、消費者の生の声を知ることもで きるでしょう。

クローキングというスパム行為は、周到な準備として、まず二つのwebサイトを用意します。一つ目は、来訪者に見てもらうためのwebサイト、二つ目は検索サイトのロボット(クローラー)を騙すためのwebサイトです。検索サイトのクローラーも、来訪者が使っているInternet ExplorerやFirefoxなど各種ブラウザも、User-Agent(ブラウザ名)やリファラ(直前に閲覧していたページ)、IPアドレスなどを送信しています。こういった情報を利用して検索サイトのクローラーか来訪者かを判別し、サーバが接続するwebサイトを自動的に振り分けるのです。来訪者に見てもらうためのwebサイトは、Flashや画像をふんだんに用いて、SEO効果を上げるよりも、問い合わせや注文が増えるようなwebサイトにしておきます。対して、検索サイトのクローラーを騙すためだけのwebサイトは、テキスト中心でキーワードもたくさん挿入し、クローラーだけに見てもらえばよいといったつくりをしたwebサイトを読み込ませて、検索順位を高くするといった狙いがあります。けんっさくサイト側もクローキングは特に悪質と考えているので、こういった手段を使ったwebサイトに対しては検索結果の順位を大幅にダウンさせたり、ドメインごとインデックスから削除するなどきびしいペナルティを与えています。

 

SEOには、 内的 SEOと外的 SEOの 2種類があります。内的 SEOは、サイトの多彩なコンテンツや情報の充実など、サイトの内 部に関する SEOのことです。検索エンジンの情報収集ロボッ卜であ るクローラが、サイトの情報をスムーズに取得できるようにします。 外的 SEOは、被リンクの数や似たジャンルのリンクを集めることが メインで、サイトの外部に関する SEOのことです。被リンクの量と 質が、 検 索 エ ン ジ ン の 上 位 表 示 に も っ と も 効 果 が 高 い と 考 え ら れ て い ます 。

例 え ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の こ と を 扱う サイトの場合、同じインターネットの ことを扱うサイトはもちろん、 コン ビュータやソフ卜ウェア、ホームペー ジなどに関する情報を扱うサイトを 集めます。

まずはサイトの内部をきちんとまとめてみましょう 。

そのサイトがどんな情報を取り扱っているのか、ユーザーがひと目でわかるように、 サイトのタイトルやサイトの説明文 、各記事のタイトルなどにも気を 配ります。また、 Googleウェブマスター ツールに登録したり、 ど のような構成のサイトが検索エンジンにとって魅力的に映るか 、確認しておくことも重要です 。

モバイルデバイスの勢いは止まらない。 スマートフォンの長所は、 「いつでも」「どこでも 」というキャッチコ ピーがとてもよく似合うような、 手軽さ・ 気軽さです。街中では、中高校生など 10 代においても、 当たり前のように利用しています。さらにシ ルバ一世代においても、スマートフォン操作の講座が多く開かれるなど、もはや PC の代用とはいえないような広がりを見せています。 これまでの増加数を鑑みると、とても一過性のもの(ブーム)とは言 えないものであり、今後モバイルがインターネット閲覧ツールの市場を独占しそうな勢いです。皆さんの周囲の人、あるいは自身も、外出時はバッグの中やポケットなどのすぐ取り出せる場所に、家の中ではすぐに 目につく場所に置くなど、身につけている衣服の一部のように、 1日中 肌身離さず手元に置いている人が多いのではないでしょうか。また、移動中の電車やパスの中、ちょっとした時間の合間などにも、ネットを見る習慣が珍しいことではなくなりました。
このような時代の変遷により、需要が拡大しているからこそ、まずはモバイルサイトに留意したサイトを構築しなければいけません。繰り返 しますが、これがモバイルファーストの真意なのです。 なお、モバイルファーストで制作するうえで最も気をつけるべきことは、弱点をいかに打開するかということです。モバイルは、 PC と 比較すると、ファーストビューで得られる情報量や操作性が限られています 。つまり、いくつかの制限の下で、機能性を最大限に発揮しなけれ ば、いけなくなります。このようなことから、 PC サイトをもとにモバイル サイトを制作すると、理想的な終着点との距離が発生してしまうケース が、非常に多くなってしまうのです。