サイトマップ作成に使うXMLとはなんでしょうか。SEO対策では、サイトマップがクローラビリティ的にも重要です。
その言語は、 XML(Xtensible Markup Language) という「マークアップ言語」で、「サイトマップ」の登録にはそれによって書かれた XML ファイルが必要になります。検索ロボットは、その言語で書かれたものでないと、ストレートに理解してくれません。「マークアップ言語」とは、ネット上にあふれる文書を関連づけて、コンビュータで、分析できるようにするために使われている言語で、いわばコンビュータ上の共通言語です。もっとも、初心者の方には「意味不明なアルファベットの羅列」にしか見えないでしょう。ともあれ、この形でサイトの情報を提供すれば、クロール漏れを防げるだけでなく、新規ページを作った際に「サイトマップ」に URL を追加するだけで、検索ロボットのクロール対象に加えてもらえるので、メンテナンスの手間も省けます。そして、検索結果ページに、自分のサイトのクロール状況や検索クエリ(語句)、ページ分析やリンクの数なども表示されるようになるというメリットもあるのです。

SEO対策をしても何もしないままですとGoogleの検索ロボットに自分のサイトを早期に見つけてもらうことは困難です。仮に偶然検索ロボットが見つけてくれでも、 1回だけではサイト のすべてのページが Google のリストに登録されるとは限りませんし、時間もかかります。さらにサイトに新しいページが加わったり、リンクが変更されると、いよいよ検索ロボットは混乱します。これが「クロール漏れ」と呼ばれる「見逃し」です。 こうした状況を回避するためにはGooglesearch consoleを使ってsitemap (サイトマップ) を作成し、登録する必要があります。
サイトマップとは、簡単に言えばサイト内にどのようなページがあるかを表したもの。いわばサイトの構造や内容、更新状況を記した「間取り図」のようなものです。ただし、一般に使われているサイトマップとは意味合いが異なります。いわゆるサイトマップは、サイトを訪れた「人」がサイト内を巡回しやすくするためのもの(対人間)であるのに対し、ここでいう「サイトマップ」は検索ロボットが理解しやすくするためのもの(対プログラム)だということです。したがって、この「サイトマップ」は、検索ロボットが理解できる言語で記述する必要があるのです。

サイトマップを使わずにインデツクスされる裏ワザがあります。
それは、いたってシンプルな方法です。しかも、わずか一つの手
続きで登録と携帯アフィリエイトの展開が同時にできる「おいしい」方法なのです。
携帯アフィリエイトに取り組んでいる人なら、ピンときたかもしれませんが、それは携帯サイトをGoogle モバイル」ではなくGoogle アドセンスというサ ービスヘ登録するという方法です。Googleアドセンスは Google が提供するクリック保証型の検索
連動型・コンテンツマッチ式の広告配信サービスで、自分のサイトに Google アドセンス」の広告コー ドを貼り付けると、サイト内容に関連した広告が自動的に表示され、それがクリックされると報酬が得られるという仕組みです。

Google search consoleは、旧Google ウェブマスターツールのことです。自分のサイトの更新状況やリンク構造などの情報をGoogle に送信することで、サイトの更新状況をいち早く検索結果に反映させたり、検索ロボットにクロール(巡回)を効率的に行なわせるための無料ツールです。つまり、 Google の検索ロボットが自分のサイトを見つけやすくするための「地ならしツール」と考えてください。そもそも検索ロボットは「巡回ルール」や「サイト識別法」をプログラムされていて、それらに基づいてウェブの世界をクロールし、検索サイトに表示するサイト情報をピックアップ(インデツクス)してきます。 つまりGoogle search consoleは、 Google のロボットが嫌ったり、迷ったり、通り過ぎてしまわないサイトを構築するために役立つツールと考えてください。しかもこのツールを使えば、 自分のサイトの評価内容を確認したり、 Google のサイト上に表示 する上での問題点在診断したりもできます。つまり Google とサイト情報を共有できるというわけです。

大手検索エンジンサイトは、それ自体が膨大なアクセス数を獲得しているサイトです。つまり大手検索サイトに表示されるということは、 巨大サイトからリンクが貼られるということになるわけです。しかし、単に表示されればよいというわけではありません。上位に表示されなければ、飛躍的なアクセスアップにはつながりません。そこで必須となるのが、検索エンジンサイトへの登録です。携帯の 3大キャリアをはじめ、 iPhone やAndroid も広く対 応している携帯サイト検索最大手の Googleモバイルがあります。 Google での検索の場合、携帯サイトと PC サイトは区別されていません。登録方法も携帯サイトでもPC サイトでも違いはありません。

この画像の代替テキストがちゃんと記述されていないホームページが、まだたくさんあります。あなたの会社のホームページはどうでしょうか。

Webブラウザで確認できますので、やってみましょう。Internet Explorer 7を使って会社のホームページを聞いてください。まず画像と文章の見分け方ですが、マウスカーソルを動かして文字カーソルになった場所は文章で、矢印カーソルになったら、そこは写真や画像です。見出しなどの文字は、文章(テキスト)ではなくて画像で作られていることがよくありますので注意が必要です。またマウスカーソルが指カーソルになったら、そこにはリンクがついています。マウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューに「画像を印刷する」など画像に関係するメニューがあれば、そこは画像であり、なければ文章です。

そして、写真や画像の上にマウスカーソルを移動してしばらくすると、ツールチップという形式の文章の入った枠が表示されます。ここに表示された文章が、その画像の代替テキストです。もしこのツールチップが表示されなければ、その画像に代替テキストが記述されていないことになります。

Facebookで友達が増えたら、近況アップデートの投稿欄に誘導したいメインサイトの URLを入力し本文を入力しましょう 。 たったこれだけで、 Facebook 上の友達のニュースフィードに投稿した内容が表示されるので、友達がメインサイトにアクセスすることも期待できるわけです。
仲の良い友達でかつ紹介する商品をその友達が欲しいと思っていることがわかっているなら、メッセ ージ機能を使って、直接商品を紹介することもできます。無差別の営業活動にメッセージを使わなければメッセ ージも貴重な営業ツー ルとして使えます。
個人アカウン卜で商品を紹介するポイン 卜は 、売りこみにならないように紹介することです。自分も使ってみて良かったというような、体験したことを投稿すると、読者はその商品を使いたいと思うかもしれません。友人には似たような趣昧や考え方を持っている確率が高いという、人と人とのつながりが維持できるメリットを最大限に使いたいところです。自分の好きなものを紹介するだけで、友達もその商品が欲しくなり、ついつい買ってしまうという 購買行動が、個人アカウントでメインサイトを紹介するだけでできてしまうのです。この、結びつきの強い人に投稿で簡単に案内できるのは、Facebook ならではと言えます。

Facebook ページの特徴はFacebook ページ自体にSEO対策を施策し、ホームページのように検索サービスからのアクセスを増やせることです。さらに、ファンとコミュ ニケー ションを し、投稿からメインサイトにリンクして紹介することもできます。メインサイトと同じテーマのFacebook ページ を作成すれば、 Face book ページのファンがメインサイトに興味を持ってもらいやすくな るでし ょう。 Facebook ページは テーマを絞りこめば絞 りこむほど、いいね!やコメン卜の反応が良くなります。そ して 、お客様や見込客様とコミュニケーションを実名でできるので、 Web サイトだけを運営するよりも、提供している商品やサービス のファンになってもらえる可能性が高いのです。販売はメインサイ卜で行い、店舗のようなお客様とのやりとりはFacebook ページで、 行うと 上顧客を育てることができます。

◎Facebook ページのSEO対策格安は、東京SEOメーカー

Facebook個人アカウン卜からメインサイトにアクセスを誘導するには、友
達やフォローしてくれる Facebook ユーザーが少なくては話になりません。ま
ず、友達を増やし、投稿を読んでもらえる Facebook ユーザーを増やします。
SEO対策とは違ってバズマーケティングになります。Facebook に登録したあと、同窓生や元同僚、そして今の勤務先など知っている友達の名前をFacebook 検索に片っ端から入力して探し友達申請をしましょう。ただし、面識のない人への友達申請は控えてください。面識のない人に友達申請をする際は、共通の友達に紹介してもらって、 事前に友達申請をする旨を友達から友達申請するユーザーに伝えてもらいましょう。リアルで紹介いただくのと全く同じことをFacebook で、やれば良いだけです。友達申請を無差別に面識のないユーザーにしてしまうと、友達申請の停止などのペナルティの原因になります。また、自分の個人アカウン 卜の読者を増やすためにフォ口ーを増やしましょう。フォローを増やすには魅力的な情報発信と継続しかありません。 Facebook は今、一番力を入れるべきネッ卜媒体ですので、面倒がらずに 最低でも1日に 1回は投稿することをお勧めします。

SEO対策格安の東京SEOメーカー

無料ブログ、 Twitter やFacebook などの人気Web サービスからメインサイトへ誘導する方法があります。今や、検索サービスだけでなく、 様々なWe bサービスから目的のサイトに到達できるようになりました。アメーバブログなどのサービスを提供するアメーパ全体の会員数は2000 万人を越え、 Facebook も1900 万人を越えました。これらのユーザーは日常的にこれらのサービスを使い、たまのユーザーが多いと推測します。つまり、SEOの検索サービスからの集客のみに頼り、 Facebook やTwitter からの集客を無視していると、徐々に訪問者が減ってくるということです。今では入口の役割をブログやTwitter 、Facebook 、LINEも担っているのです。これらのWebサービスを無視し続けることは、新しくできたメインサイトへの誘導のチャネルを捨てることになります。つまり、様々なWebサービスからの集客に取り組む時代になったのです。SEO対策と並行してこういった対策をしましょう。

SEO対策を格安でやるなら東京SEOメーカー

SEOで書いた文章が集客に貢献しているかどうかをアクセス解析で チェックします。これは、 googleアナリティクスの「ランディングペ ージ」と「キーワード」でチェックできます。 googleアナリティクスの「トラフィックサマリー」 のペ ージにアクセスし、「レポート 全体を見る 」→ 「セカンダリディメンション」 → 「コンテンツ」 →「ランディングページ」の順にクリックしてい くと、作成したWeb ページに対し 、どのような検索キーワー ドでアクセスされているかがわかります。 title タグに記述した言葉だけでなく 、 body タグに記述した言葉にも反応しているのがわかります。この結果から、本文中にもできるだけ多くの語棄を使って文章を書くのがSEO対策に望ましいことがわかるのです。

格安SEO対策の東京SEOメーカー