SEOで書いた文章が集客に貢献しているかどうかをアクセス解析で チェックします。これは、 googleアナリティクスの「ランディングペ ージ」と「キーワード」でチェックできます。 googleアナリティクスの「トラフィックサマリー」 のペ ージにアクセスし、「レポート 全体を見る 」→ 「セカンダリディメンション」 → 「コンテンツ」 →「ランディングページ」の順にクリックしてい くと、作成したWeb ページに対し 、どのような検索キーワー ドでアクセスされているかがわかります。 title タグに記述した言葉だけでなく 、 body タグに記述した言葉にも反応しているのがわかります。この結果から、本文中にもできるだけ多くの語棄を使って文章を書くのがSEO対策に望ましいことがわかるのです。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

複合キ ーワード選定ができれば、それを元にtitle タグを決定し、 bodyタグのページ本文を作文します。 titleタグの記述の方法は、単語の羅列にするのではなく、助詞や修飾語をつけて自然な文章にします。できれば、上位表示を狙うキーワードを titleタグ中に2回含めます。bodyタグの中のページの文章中にtitleタグの複合キーワー ドに関連する言葉をさらに盛り込んで文章にしましょう。 関連キーワードツールや Googleサジェストを使ってキーワードのバリエーションと語棄を増やせば、 titleタグだけでカバーできなかったサブキーワードを本文中に盛り込むこ
とができ、思わぬキーワードで上位表示できることがあるからです。 また、成約率を上げるために、キーワードとtitleタグがマッチしていることとbodyタグの本文中に起承転結でキーワー ドに対する結論がしっかりと説明できていることが大切です。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

Facebook の個人アカウントから、嫌味なく、自然な形で情報発信し、 メインサイトにアクセスを誘導する方法があります。Facebook 個人 アカウン卜はFacebook という閉ざされた空間の中で友達同士で コミュニケーションを取るサービスです。閉ざされたと言ってもすでに日本のユーザー数は数千万人にせまる勢いですので、開かれた空間と言っても良いぐらいです。Facebook 個人アカウン卜の特徴は「実名」登録であることです。また 10 は1人に 1つしか取ることができません。また、知っている人と友達になることが Facebook のルールなので、現実世界の知っている人同士とコミュニケーションが起こりやすい特徴を持っています。
知っている人とネット上でもやり取りするツールとしてFacebook個人アカウン卜が使われているので、友達同士の結びつきは強いと言えるでしょう。そのような友達が、近況アップデートでお気に入りのお店を紹介したらどうなるでしょうか。おそらく、興味を持つはずです。つまり、リアルでもつながっている友達に近況アップデートで情 報発信をするので、投稿が目につきやすく、また紹介の投稿も共感を得やすいのです。もちろん投稿でメインサイトに誘導することもできますから、 Facebook個人アカウントからアクセスの誘導は簡単にできるのです。こういったものをソーシャルネットワークといいSEOとはまた違った集客の方法になります。
◎Facebookからの集客もSEO対策も格安でやるなら東京SEOメーカーでOK!