この画像の代替テキストがちゃんと記述されていないホームページが、まだたくさんあります。あなたの会社のホームページはどうでしょうか。

Webブラウザで確認できますので、やってみましょう。Internet Explorer 7を使って会社のホームページを聞いてください。まず画像と文章の見分け方ですが、マウスカーソルを動かして文字カーソルになった場所は文章で、矢印カーソルになったら、そこは写真や画像です。見出しなどの文字は、文章(テキスト)ではなくて画像で作られていることがよくありますので注意が必要です。またマウスカーソルが指カーソルになったら、そこにはリンクがついています。マウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューに「画像を印刷する」など画像に関係するメニューがあれば、そこは画像であり、なければ文章です。

そして、写真や画像の上にマウスカーソルを移動してしばらくすると、ツールチップという形式の文章の入った枠が表示されます。ここに表示された文章が、その画像の代替テキストです。もしこのツールチップが表示されなければ、その画像に代替テキストが記述されていないことになります。

Facebookで友達が増えたら、近況アップデートの投稿欄に誘導したいメインサイトの URLを入力し本文を入力しましょう 。 たったこれだけで、 Facebook 上の友達のニュースフィードに投稿した内容が表示されるので、友達がメインサイトにアクセスすることも期待できるわけです。
仲の良い友達でかつ紹介する商品をその友達が欲しいと思っていることがわかっているなら、メッセ ージ機能を使って、直接商品を紹介することもできます。無差別の営業活動にメッセージを使わなければメッセ ージも貴重な営業ツー ルとして使えます。
個人アカウン卜で商品を紹介するポイン 卜は 、売りこみにならないように紹介することです。自分も使ってみて良かったというような、体験したことを投稿すると、読者はその商品を使いたいと思うかもしれません。友人には似たような趣昧や考え方を持っている確率が高いという、人と人とのつながりが維持できるメリットを最大限に使いたいところです。自分の好きなものを紹介するだけで、友達もその商品が欲しくなり、ついつい買ってしまうという 購買行動が、個人アカウントでメインサイトを紹介するだけでできてしまうのです。この、結びつきの強い人に投稿で簡単に案内できるのは、Facebook ならではと言えます。

Facebook ページの特徴はFacebook ページ自体にSEO対策を施策し、ホームページのように検索サービスからのアクセスを増やせることです。さらに、ファンとコミュ ニケー ションを し、投稿からメインサイトにリンクして紹介することもできます。メインサイトと同じテーマのFacebook ページ を作成すれば、 Face book ページのファンがメインサイトに興味を持ってもらいやすくな るでし ょう。 Facebook ページは テーマを絞りこめば絞 りこむほど、いいね!やコメン卜の反応が良くなります。そ して 、お客様や見込客様とコミュニケーションを実名でできるので、 Web サイトだけを運営するよりも、提供している商品やサービス のファンになってもらえる可能性が高いのです。販売はメインサイ卜で行い、店舗のようなお客様とのやりとりはFacebook ページで、 行うと 上顧客を育てることができます。

◎Facebook ページのSEO対策格安は、東京SEOメーカー

Facebook個人アカウン卜からメインサイトにアクセスを誘導するには、友
達やフォローしてくれる Facebook ユーザーが少なくては話になりません。ま
ず、友達を増やし、投稿を読んでもらえる Facebook ユーザーを増やします。
SEO対策とは違ってバズマーケティングになります。Facebook に登録したあと、同窓生や元同僚、そして今の勤務先など知っている友達の名前をFacebook 検索に片っ端から入力して探し友達申請をしましょう。ただし、面識のない人への友達申請は控えてください。面識のない人に友達申請をする際は、共通の友達に紹介してもらって、 事前に友達申請をする旨を友達から友達申請するユーザーに伝えてもらいましょう。リアルで紹介いただくのと全く同じことをFacebook で、やれば良いだけです。友達申請を無差別に面識のないユーザーにしてしまうと、友達申請の停止などのペナルティの原因になります。また、自分の個人アカウン 卜の読者を増やすためにフォ口ーを増やしましょう。フォローを増やすには魅力的な情報発信と継続しかありません。 Facebook は今、一番力を入れるべきネッ卜媒体ですので、面倒がらずに 最低でも1日に 1回は投稿することをお勧めします。

SEO対策格安の東京SEOメーカー

無料ブログ、 Twitter やFacebook などの人気Web サービスからメインサイトへ誘導する方法があります。今や、検索サービスだけでなく、 様々なWe bサービスから目的のサイトに到達できるようになりました。アメーバブログなどのサービスを提供するアメーパ全体の会員数は2000 万人を越え、 Facebook も1900 万人を越えました。これらのユーザーは日常的にこれらのサービスを使い、たまのユーザーが多いと推測します。つまり、SEOの検索サービスからの集客のみに頼り、 Facebook やTwitter からの集客を無視していると、徐々に訪問者が減ってくるということです。今では入口の役割をブログやTwitter 、Facebook 、LINEも担っているのです。これらのWebサービスを無視し続けることは、新しくできたメインサイトへの誘導のチャネルを捨てることになります。つまり、様々なWebサービスからの集客に取り組む時代になったのです。SEO対策と並行してこういった対策をしましょう。

SEO対策を格安でやるなら東京SEOメーカー

SEOで書いた文章が集客に貢献しているかどうかをアクセス解析で チェックします。これは、 googleアナリティクスの「ランディングペ ージ」と「キーワード」でチェックできます。 googleアナリティクスの「トラフィックサマリー」 のペ ージにアクセスし、「レポート 全体を見る 」→ 「セカンダリディメンション」 → 「コンテンツ」 →「ランディングページ」の順にクリックしてい くと、作成したWeb ページに対し 、どのような検索キーワー ドでアクセスされているかがわかります。 title タグに記述した言葉だけでなく 、 body タグに記述した言葉にも反応しているのがわかります。この結果から、本文中にもできるだけ多くの語棄を使って文章を書くのがSEO対策に望ましいことがわかるのです。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

複合キ ーワード選定ができれば、それを元にtitle タグを決定し、 bodyタグのページ本文を作文します。 titleタグの記述の方法は、単語の羅列にするのではなく、助詞や修飾語をつけて自然な文章にします。できれば、上位表示を狙うキーワードを titleタグ中に2回含めます。bodyタグの中のページの文章中にtitleタグの複合キーワー ドに関連する言葉をさらに盛り込んで文章にしましょう。 関連キーワードツールや Googleサジェストを使ってキーワードのバリエーションと語棄を増やせば、 titleタグだけでカバーできなかったサブキーワードを本文中に盛り込むこ
とができ、思わぬキーワードで上位表示できることがあるからです。 また、成約率を上げるために、キーワードとtitleタグがマッチしていることとbodyタグの本文中に起承転結でキーワー ドに対する結論がしっかりと説明できていることが大切です。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

Facebook の個人アカウントから、嫌味なく、自然な形で情報発信し、 メインサイトにアクセスを誘導する方法があります。Facebook 個人 アカウン卜はFacebook という閉ざされた空間の中で友達同士で コミュニケーションを取るサービスです。閉ざされたと言ってもすでに日本のユーザー数は数千万人にせまる勢いですので、開かれた空間と言っても良いぐらいです。Facebook 個人アカウン卜の特徴は「実名」登録であることです。また 10 は1人に 1つしか取ることができません。また、知っている人と友達になることが Facebook のルールなので、現実世界の知っている人同士とコミュニケーションが起こりやすい特徴を持っています。
知っている人とネット上でもやり取りするツールとしてFacebook個人アカウン卜が使われているので、友達同士の結びつきは強いと言えるでしょう。そのような友達が、近況アップデートでお気に入りのお店を紹介したらどうなるでしょうか。おそらく、興味を持つはずです。つまり、リアルでもつながっている友達に近況アップデートで情 報発信をするので、投稿が目につきやすく、また紹介の投稿も共感を得やすいのです。もちろん投稿でメインサイトに誘導することもできますから、 Facebook個人アカウントからアクセスの誘導は簡単にできるのです。こういったものをソーシャルネットワークといいSEOとはまた違った集客の方法になります。
◎Facebookからの集客もSEO対策も格安でやるなら東京SEOメーカーでOK!